2017/06/04(日)15:00〜

QREATOR CAMP TOKYO 前田裕二回

QREATOR CAMP TOKYO

株式会社リクルートホールディングス「新規事業開発室」が提供する調整さんは、株式会社QREATOR AGENTと共同で、新しい未来を担う次世代のQREATORを育てるための定期講座として「QREATOR CAMP TOKYO」を、4月29日(土)より開催いたします。

※ご要望を多くの方からいただいたため、単発チケットを各回限定10枚で販売致します!

(各回の事前課題プレゼン&講評時間は見学となります。予めご了承くださいませ。)

【イベント概要】

新しい時代の先陣を切って活躍されるクリエイターの皆様を毎回ゲストとして招待し、ファシリテーターと共に対談&課題講評形式で計7回の定期講座を実施。

POINT①

全7回の長期講座になります。初回はファシリテーターによる概論講座を行います。2講座目以降は各回毎にゲストにお呼びし、90分のトークセッション、その後90分の事前課題プレゼン&講評を実施します。ただ受講するだけでなく、参加者が能動的に課題に取り組むことで、より実践的な理解を得ることが可能になります。

また、最終回のキングコング西野さん回では、今までの課題をブラッシュアップした企画を西野さんに直接再プレゼンする機会を設けます。本当に面白い企画があった場合、そこから個人またはチームで企画実現に向けて進めていく可能性があります。

POINT②

参加者人数枠を30名に限定することで、本気で修行したい参加者と共にコミュニティを形成したいと考えています。また、講座終了後もオンラインコミュニティを作成することで、参加者の皆様と積極的にコミュニケーションが取れる場にしていきたいと思います。

■6月4日(日)
【ネットの未来を考える】

SHOWROOM株式会社 代表取締役 社長 前田裕二

SHOWROOM株式会社 代表取締役 社長 前田裕二

〈プロフィール〉
1987年東京生まれ。2010年に早稲田大学政治経済学部を卒業後、外資系投資銀行に入社。11年からニューヨークに移り、北米の機関投資家を対象とするエクイティセールス業務に従事。株式市場において数千億~兆円規模の資金を運用するファンドに対してアドバイザリーを行う。その後、0→1の価値創出を志向して起業を検討。事業立ち上げについて、就職活動時に縁があった株式会社DeNAのファウンダー南場に相談したことをきっかけに、13年5月、DeNAに入社。同年11月に仮想ライブ空間「SHOWROOM」を立ち上げる。15年8月に当該事業をスピンオフ、SHOWROOM株式会社を設立。同月末にソニー・ミュージックエンタテインメントからの出資を受け、合弁会社化。現在は、SHOWROOM株式会社代表取締役社長として、SHOWROOM事業を率いる。

【対象者】

・クリエイターの方

・クリエイティブ業に関心のある方

・未来の働き方に興味がある方

・好きなことを仕事にしたい方

【当日のタイムスケジュール】

14時30分 開場
15時00分 講義開始
16時30分 質疑応答
17時00分 ワークショップ開始
18時30分 終了予定

※初回4/29(土)、最終回7/15(土)のみ、開始時間が異なります。

上記講師陣情報欄を改めてご参照ください。

※初回4/29(土)、最終回7/15(土)は、講義終了後に懇親会があります。

【参加費】

先行 38,500円
一般 42,000円

※お支払い方法は、peatix上での事前決済となります。
※領収書はpeatix上で発行が可能です。詳しくはこちら→http://qq4q.biz/BQZc
※キャンセル費に関しては以下を設定しております。

初回開催イベントの10日前 :参加費の50%
初回開催イベントの5日前 :参加費の100%

初回開催イベント”とは、購入されたチケットの最初に開催されるイベントを指します。
払い戻し方法に関しては、直接ご連絡させていただきます。

【当日の注意事項】

会場が分かりにくい場所になっております。銀座7丁目の「ヒューリック銀座7丁目ビル(リクルート GINZA7)」の裏側のビル。 数寄屋橋通り沿いの「リクルート アネックス1ビル」の地下1階が会場です。 リクルート GINZA7ビルではありませんのでご注意ください。

会場は、ゲスト用無線 LAN・電源が利用可能です。
本イベントの様子を撮影した写真や動画は、様々なPRの目的でホームページに掲載することがありますので、予めご了承ください。

【最後に-企画テーマ-】

多くの人が感じている通り、今は情報&人工知能革命の真っ最中です。
嫌な仕事はこれからどんどんAIがすることになる。これは「好きなことを仕事にしたい」から、「好きなことを仕事にしなければならない」時代になることを意味していて、面倒なことを仕事にしてお金を稼ぐという今までの生き方が成立しなくなっています。つまり、これからは個人が「好きなことを仕事にできる度量」を持つ必要があり、自分のタレント(才能)で誰もが生きなければならないことを意味しています。
ではそのタレント性をどう身につけるのか?今も昔もそして今後も、スキルを身につけるには“修行期間”が必要不可欠です。そうした「やりたいことを仕事にしなければならない」時代に向けてのタレント性を獲得するための修行場として「QREATOR CAMP TOKYO」は生まれました。
今まさに、新たしい時代の先頭に立って道を切り開いている方々をお招きして、“次世代のQREATOR”を育てていく定期講座を開催致します。